お酒の情報ブログ グラスホッパー

よりおいしく!より楽しく!お酒の情報ブログ グラスホッパー

  • スポンサードリンク



ホリエモンいわく「禁酒法がやってきた」【結論】大げさではありません

こんにちはこんばんわ!かーりーです。

政府は、2021年4月25日から5月11日の期間、東京、大阪、兵庫、京都の4都府県を対象に、

「緊急事態宣言」

を発令ました。

その具体的な措置の中に、

「酒類を提供する飲食店に休業を要請する」

というのがあり、、、

ホリエモン「禁酒法が現代にやってきた」

ホリエモンこと、堀江貴文さんは、

「酒類を提供する飲食店に休業を要請する」

としたことに対し、

「現代に禁酒法がやってきた」

と述べています。


禁酒法とは、

1920年から1933年までアメリカで施行された、消費のためのアルコールの製造、販売、輸送を全面的に禁止した法律

です。

今回の措置に対し、堀江貴文さんは、「禁酒法」を用いて解説していましたが、

「ちょっとそれは大げさじゃない」

という意見がありました。


確かに、お酒は普通に買えるし、家でならいくらでも飲めるわけなので、「禁酒法」ってほどではないのは、事実です。

でもそれはあくまで消費者目線です。

お酒を提供していた飲食店にしてみれば、期間中は営業できない、もしくは、お酒を一切提供できないわけで、決して大げさではなく、、

またさらに、廃業、倒産に追い込まれる飲食店が増えることでしょう。





緊急事態宣言して何が変わるん?

飲食店が、そしてお酒が標的になった理由は、

・感染拡大は、外での会食が原因

・人が集まれば、楽しく、おしゃべりになり、騒いでしまう

・さらにそこにお酒が入れば、人の行動は緩む

・理性的な行動がとれなくなり、濃厚接触の可能性が、、、


ってこと?なのでしょうか??

まあ、分からなくもないですが、毎回飲食店がやり玉にあげられている印象で、正直納得いきません。

緊急事態宣言は3度目くらい?

「その間、やれることあったんちゃうの??」

って感じです。

病床の拡充も、その分の予算はあったようなので、始めの頃に手を打てば、今頃は問題にはなっていなかったでしょう。

また、今やワクチンができたことで、新型コロナは、インフルエンザと同じになったと言えます。

ワクチンの導入の遅れが指摘されていますが、これは日本は世界と比べ感染者数が圧倒的に少ないからです。

感染者数が多い国からいくのは当然じゃない?


「とにかく日本は身内だけで騒ぎすぎ、危険あおりすぎ」

な気がするのですが、、、。


ちなみにコロナによる死者数は、普段のインフルエンザの死者数と比べると、同じくらいか、少ないくらいだそうで、、

このことは、ワクチンができる前から言われ続けていることです。

「不安をあおるしかしないマスコミ」

「やってます感だけの政治家」

アホなん?マジで。

どうなりますやら、、、

チャンネルはそのままで。





  • スポンサードリンク



管理人 かーりー

鹿児島在住、元バーテンダー。
趣味はお酒、読書、音楽鑑賞。この3つがあればとりあえず人生OKと思っている。40代、独身。

電子書籍を出版しました!


お酒とよりよい関係を築くための知識やその方法を一冊の書籍にまとめました。
詳しくはこちら!