お酒の情報ブログ グラスホッパー

よりおいしく!より楽しく!お酒の情報ブログ グラスホッパー

  • スポンサードリンク



苦手だった焼酎が好きになった!|体験談



苦手だったお酒が今は大好きに!

そんな体験談を紹介しています。


洋酒しか飲めなかったのに

ワインやウォッカなどのいわゆる洋風のお酒ならいくらでも飲むことができたのですが、焼酎や日本酒などは癖がありすぎるためか、なかなか好きになれずに、焼酎がメインの居酒屋に連れていかれると、つまらないなと思ってしまいました。

しかし、年齢を重ねて行くにつれて、焼酎なども飲めるようになりたいなと感じており、どうにか飲めるようにならないかと考えていました。


そのような時に、旅行へ行ったときに酒蔵見学に友達につれていかれて、嫌々でしたが試飲をしてみたのです。

案の定、美味しいとは感じなかったのですが、そのなかでひとつだけ呑みやすいなと感じるものがあったのです。

そうすると、好きではないものの焼酎というのはいろいろなものがあるのだということを知り、一気に焼酎に興味が沸いてきました。




いつしか旅の目的は酒蔵巡り

元々は旅行をすることが好きで、年に数回は旅行へと行っているのですが、酒蔵にはあまり興味がなかったのですが、旅行先で酒蔵があると立ち寄ってみることにしたのです。

これまでは酒蔵なんて気にしてもいなかったのですが、酒蔵で試飲などをしていると、自分の好みに合ったお酒が見つかるようになり、これなら飲めるということから、これは好きというものが見つかるようになり、苦手だった焼酎を飲むことが楽しみになっていきました。


旅行とセットにすることで、さまざまな焼酎を試飲して選ぶことが出来ることが楽しみに変わっていったのです。

今では酒蔵がある場所へとわざわざ旅行へと行きたいと思ってしまうまでになってしまいました。

焼酎が苦手というのは、その焼酎の味の違いなどを飲み比べたりする喜びを知らなかったからかもしれないと思うと、今までもったいなかったなと感じます。

作られる地域によって味も風味も違う焼酎の魅力に魅せられて、今では焼酎が大好きになりました。


焼酎が苦手という人は、焼酎の作られる過程などを見ることが出来る酒蔵に足を運んでみることをおすすめします。

焼酎は飲みにくいと思っていても、酒蔵などを巡って試飲を続けていくと、自分に合ったお酒というのは必ず出てきます。

その違いを楽しむこと、自分に合った焼酎を見つけることへの楽しむことが分かると、きっと焼酎の苦手意識からは克服することが出来るはずです。

焼酎が苦手な人は、旅行ついでに酒蔵へと足を運び、自分の口に合ったお酒を探しながら、美味しいお酒を探してみることをおすすめします。





  • スポンサードリンク



管理人 かーりー

鹿児島在住、元バーテンダー。
趣味はお酒、読書、音楽鑑賞。この3つがあればとりあえず人生OKと思っている。40代、独身。

電子書籍を出版しました!


お酒とよりよい関係を築くための知識やその方法を一冊の書籍にまとめました。
詳しくはこちら!