お酒の情報ブログ グラスホッパー

よりおいしく!より楽しく!お酒の情報ブログ グラスホッパー

  • スポンサードリンク



ビールを克服した話|コラム



「とりあえず生!」と言いたい

ビールのおいしい季節がやってきました。

仕事終わりのビール、最高です。

今でこそビールがおいしいと思えるようになってきましたが、お酒を飲みはじめた20代前半はビール=まずいでした。

ちなみにその頃よく飲んでいたのがロングカクテル系(ジントニックやモスコミュール)や焼酎の水割りとかでした。

別に嫌いなら嫌いでいいし、好きなの飲めばいいじゃんって思っていました。

でも、周りの人が実においしそうに飲むもんだからそのうちにこう思うようになりました。

『一杯目はビールだよなー、絵的に』と。

そしてついには、

「とりあえずビールで」

って言いたい、みたいな、、、。

苦いが美味いに変わる時


ビール好きの大半が、人生初のビールを飲んだ感想は

「まずい」

だそうです。

僕もその例に漏れることなく「まずい」でした。

最初からおいしいと思って飲んでる人はそんなにいません。

そりゃそうでしょう、苦いんですもん。

それが今ではギンギンに冷えたビールを楽しみに今日も仕事を頑張ってる自分がいる。

人生最初の一口目が「まずい」と思った誰もが皆、苦いが美味いに変わる瞬間があったということです。


ぼくの場合は、シャンディガフというカクテルを知ったのがきっかけでした。

レシピはビール1/2、ジンジャーエール1/2で見た目は泡もあってビールと変わりません。

(一応カクテルということで店にもよりますがビアグラスではなかったりしますが)

苦みも随分抑えられて大人のジンジャーエールといった感じです。

このビアカクテルをのんでるうちに、抑えられているビールの苦みが何だかいい意味で気になり始め、忘れられなくなり、ついには、

「ジンジャーエールの甘み、いらなくない?」

と思うようになってきました。

そしていつしか自然とビールに移行していった、こういう経緯です。

人間は成長するにしたがって飲み物にかぎらず、食べ物においても酸味や苦みをおいしいと思うようになるそうです。

大人の階段上ったってことでしょうか。


スポンサードリンク





シャンディガフ以外にも、、、


僕の場合はシャンディガフというカクテルを通してビールを克服しました。

ビールを飲めるようになりたいと思ってる人はビアカクテルを試してみるというのも手かもしれません。

カシスビア、ピーチビア、ミントビアなどなど。

中でもカシスビアは甘味の強い濃い目のカシスリキュールとビールを合わせたカクテルです。

特に女性にはいいかと思います。

シャンディガフでもまだ苦いわー、うまくないわー、と思ってる人はおもいっきりジンジャーエールの割合を多くしてみたらどうでしょう?

8:2とか。

そうこうしてるうちに苦いが美味いに変わる瞬間が訪れるかもしれません。









  • スポンサードリンク



管理人 かーりー

鹿児島在住、元バーテンダー。
趣味はお酒、読書、音楽鑑賞。この3つがあればとりあえず人生OKと思っている。40代、独身。

電子書籍を出版しました!


お酒とよりよい関係を築くための知識やその方法を一冊の書籍にまとめました。
詳しくはこちら!